家具への噴霧が有効なのは何故ですか?

セルフィールの効果は、施工面積と室内の空気との接触面の大きさに依存します。セルフィールを家具に噴霧することは、家具から発生したVOCを素早く分解するのみならず、施工面積と室内の空気との接触面の広くすることになりますので有効です。
セルフィールを施工した壁の前に家具を配置すると、壁面のSelfeelと循環する空気との接触が損なわれかねません。従って、壁面のみならず家具にも Selfeelを施工することが、室内に循環する空気とSelfeelとの接触が効率的であることから、家具への施工が効果的であるといえます。

Posted in: 空気触媒について,

{H 悭鎿